オールインワンジェルと化粧水の大きな違いは、できるスキンケアの内容が異なることです。化粧水の場合は基本的に潤いを補給する効果に留まります。保湿はスキンケアの基本であって一番のベースとなる役割を担っています。

一方のオールインワンジェルは化粧水の効果はもちろんのこと、乳液や美容液、クリームなどの役割も兼ね備えているのが特徴です。基本のステップを行うための美容成分を全てまとめてあり、効果に関してもまるで違ったものとなっています。

肝心の保湿効果に関してはオールインワンジェルの方が優れています。保湿をする以外の効果も備えているため潤いを与える力も高く、それだけでも十分な乾燥対策になることもあるのです。

ワンステップで済むため、スキンケアに掛かる手間が小さくて済むのも大きな特徴と言えます。オールインワンジェルは一般的なスキンケアのように段階を踏んで複数の化粧品を利用する必要がありません。たった一回の作業で済むために時短でお手入れが完了します。忙しい朝や疲れていてスキンケアをするのが面倒な時にも手軽に使えますので、スキンケアはしたいものの、ゆっくりとやっている暇がない時にも役立つでしょう。

複数の化粧品を用意する必要がなくなるのも特徴のひとつです。化粧水を使用する場合は、乳液や美容液、クリームなども準備しなければいけません。それゆえに一部の化粧品を切らしてしまったり、個々で購入するためにコストが掛かってしまったりと不便もあるはずです。オールインワンジェルはそうした不便がありません。あれこれ化粧品を買う必要もないですから節約にもなるでしょう。

便利なアイテムということもあって選ばれることも増えていますが、ただ注意点もあります。ひとつは保湿効果が劣ってしまう場合があることです。化粧水から着実にスキンケアをした方がきちんと保湿ができることもあります。効果に違いがあるために従来のお手入れの仕方を好む人もいます。ただ使い慣れてくると肌の調子も整い十分なケアができることもあるため、しばらく使ってみてから肌の状態を確認する姿勢も必要です。

モロモロとした塊が出てしまうことがあるのも短所として考えられています。ジェルのぷるぷる感を保つために合成ポリマーが含まれていることが多いですが、この成分によってモロモロとした塊が発生しやすいです。あまり強く擦り過ぎないようにすることで発生を抑えやすくなるものの、それが気になってしまうというユーザーもいます。