化粧水や美容液、乳液など化粧品の効果を一度に全て出来るとあって、時間も費用も節約できるオールインワンジェルは人気のある化粧品です。

しかし本来であれば化粧水は保湿、美容液は栄養、乳液やクリームは油膜張りといったそれぞれの働きがあり、それらを順番に使用することでそれぞれの働きを十分に働かせることが出来るのため、1つで全ての役割を担う、ということは残念ながらライン使いよりも働きは劣ってしまいます。

ではオールインワンジェルを使用しても意味がないのか、といえばそうではなく、効果的な使い方にパック使いがあります。

パック使いとはその名の通り、オールインワンジェルをパックとして使用することです。

より効果的に肌に浸透させるためには顔だけでなく体も温まっている入浴時に行うと良いですが、入浴時以外であればホットタオルなどで顔の毛穴を開かせた状態で行うと良いでしょう。毛穴が開くことで保湿成分や美容成分が肌の奥に浸透しやすくなりますし、肌を温めることで血行を良くし、血行が良くなることで肌の隅々まで成分を送り届けることも可能になります。

パック使いの方法は簡単で、サクランボくらいの大きさを手に取り、優しくマッサージするように顔に付け、その状態で10分前後放置します。その後、余分な分はぬるま湯で優しく洗い流すかパッティングしながら顔に浸透させることで終了です。

冬だと熱いお湯の方が温かく感じますが、熱いお湯だと肌に刺激が強すぎますのでぬるいと感じる程度のお湯にし、コットンなどで余分な分をふき取ると肌をこすることで刺激を与えてしまうので、パッティングで浸透させる方が肌には良いです。

また入浴時ではなく部屋にいるときにパック使いをする時は、ラップを最後にふんわりとかけるとオールインワンジェルの蒸発を防ぐことが出来ますし、体温で温まり更に浸透させやすい状態にすることが出来ますので、おすすめな方法です。

パック使いは毎日すると肌が慣れてしまうので、週に1~2回の特別な肌ケアとして使用すると良いですし、オールインワンジェルの使用方法の部分にも実はパック使いの方法が書かれています。

現代人は時間に追われて生活してる人も多く、肌ケアを怠ってしまう日もあるかもしれません。そのような時でも特別な肌ケアとしてパック使いは効果を発揮しますし、季節の変わり目で肌が敏感になりやすい時でも同じことがいえるので、試してみる価値はあります。